【重要】バニラ大陸 全ワールド初期化計画

バニラ大陸 全ワールド初期化計画

 

いつもバニラ大陸をご愛好いただき有難うございます。
今回は非常に重要なお知らせがあります。
タイトルを見てお察しかと思われますが、バニラ大陸は

 「全ワールドを初期化・再生成」を行います。 

突然なことで驚かれたと思います。
本ページでは初期化するに至った理由と詳細をご説明させていただきます。

 

なぜ初期化・再生成を行うのか     

  1.  未開拓地域が徐々に減っていき、新規開拓がしづらい環境にある。
  2.  ワールド特有の希少素材が減少しつつあり、何かしらの対策を講じる必要性が出てきた。
  3.  Ver 1.14の追加要素をリセットワールドではなく、通常ワールドで体感させたい。
  4.  増大しつづけるワールド保護データを一度リセットすることができる。

主に以上が初期化・再生成を計画するに至った理由です。

 

初期化・再生成はいつ行うのか     

目標では「Ver 1.14が正式リリースされた後」ですが、もっと厳密に言えば、
ワールド生成方法のひとつである「ワールドカスタマイズ」生成が復活実装された後になります。
その理由は、バニラ大陸の各ワールドは「ワールドカスタマイズ」を利用して生成したワールドが少なくない為に、
それを利用しないと、各ワールドの特色が再現できない為です。

 

今ある構造物はどうなるのか     

ワールド初期化・再生成を行ってもすぐに旧ワールドを消去するわけではありません。
新ワールドが生成されてから、2ヶ月間は新ワールド・旧ワールドの行き来ができる状態にしますのでその間に引っ越し作業を行ってください。
また、一人1箇所に限りOPによる引越業務をサポートが可能です。 規模が大きい構造物などの引っ越しの際はお声掛けください。
なお、新ワールドの初期スポーン地点は、全移行作業が完了した後に決定します。

《 注 意 点 》
 以下に該当する物は移動できません。ご注意ください。

  ・チェストやカマドなどの保護データ(移転先で再度保護してください。)
  ・他プレイヤー製作の構造物
  ・地下鉄道・ボート鉄道などの交通インフラ
  ・スポーンブロック
  ・スライムやガーディアンなどのスポーンチャンク

 

生成後のワールドはどんなワールドになるのか     

・再生成ワールドは旧ワールドと同じSEED値を使用しつつ、ワールドサイズを4倍に拡張して生成します。*1
 なぜ同じSEED値を使用するのかと申しますと、かなり個人的な事でありますが今のワールドの形にとても愛着があり、
  できるだけ形状を崩さずに生成したいという思いがある為です。(ワールド名の由来もそこから来てたりするので)

・新ワールドではワールド特有の希少素材の枯渇対策として「自然公園」を設けます。*2
 自然公園では、アイテムの設置が不可能であり、破壊も希少素材のブロックのみに限定されます。(私有地の防止)
 そして、破壊採取された希少素材のブロックは、数時間の経過で復活します。(24時間を予定)

*1 およそ10000 x 10000の円型を予定
*2 希少素材が存在しないワールドには設けません。

バージョン1.13への移行のお知らせ

バニラ大陸 Ver 1.13移行のお知らせ

皆様いつもバニラ大陸をご愛好いただき有難うございます。
長らくお待たせしてしまい大変申し訳ありません。遅ればせながら当サーバーもVer1.13.2へバージョンアップする目星がつきましたのでお知らせ致します。

 

なぜここまでバージョンアップが遅れたのか―

主に以下の問題点があり、なかなか移行できませんでした。

  • 未だ一部導入プラグインが1.13へ未対応。
  • Ver1.13移行の際に予定していた計画が現状不可能な事。
  • 当サーバーが利用しているサーバーMODが未だに1.13に未対応

そこで今回、以下の対応処置を講じることでVer1.13へ移行することを決定しました。

  1.  未だ1.13へ対応されていないプラグインは、対応され次第導入
  2.  Ver1.13移行の際に予定していた計画はVer1.14リリース時に先伸ばしする
  3.  Ver1.13に対応しているサーバーMODを利用する

 

移行作業の開始日時と作業時間

作業開始日時と作業時間は以下の通りを予定しております。
変更があれば随時サーバー公式TwitterやDiscord内アナウンスでお知らせ致します。

【開始日時】2月15日(金)深夜25時 ~
【作業時間】2~3時間を予定

 

各対応処置による影響と詳細

各対応によって生じる影響や詳細を説明致します。

1.  「未だ1.13へ対応されていないプラグインは、対応され次第随時導入」

先述しましたように、一部導入プラグインが未だに1.13に対応していません。そのプラグインは以下の通りです。

■完全に動作しないプラグイン
 ImageOnMap (地図画像転写プラグイン)

■動作するが一部挙動がおかしいもの
 UndineMailer (メール機能プラグイン)

(※ 動作するが一部挙動がおかしいものに関しては、動作自体は問題ないので続き利用します。)

 

2.  「Ver1.13移行の際に予定していた計画はVer1.14リリース時に先伸ばしする」

その計画というのは重要な案件ですので、コチラの特設ページにてご説明させていただきます。

 

3.  「Ver 1.13に対応しているサーバーMODを利用する」

現在利用してるAkarinがVer 1.13.2に対応していないので、対応化されるまでは「PaperSpigot」を使用します。
「PaperSpigot」は現在使用してるAkarinに比べ処理能力に劣るので、TPS減少は避けられません。

 

 

以上です。


サーバー環境の変化によって様々な影響が予想されます。

皆様のご理解とご協力の程よろしくお願い致します。

バニラ大陸管理人
QiaoTAMA

 
 
 

廃屋についてのお知らせ

廃屋をプレイヤーが勝手に撤去したり改変したりするのを、サーバー開始当初からしばしば確認し、違反者には注意をしてきましたが、ここ最近は大変よく確認いたします。
廃屋調査依頼をして頂いても、休止報告などで確実な撤去をお約束する事はできません。
早く建築したい気持ちは解りますが、運営が撤去をしたのをご自身で確認するまで、絶対に手を付けないでください。

全体への注意喚起として、青線の文章を【サーバールール・廃屋認定条件】に付け足しました。

※例え条件を満たしていても、運営が撤去するまで、その建設物は所有者が存在する状態です。
所有者以外のプレイヤーが、撤去される事を見越して建築ルールを破ったり撤去をするのは処罰対象となります。

 

建築ルール2. 無断で他プレイヤーの敷地に侵入する建築の禁止
調査依頼を出した土地を確実に独占しようとして、建築物から5マス離さずに建築物を作ったり、予め柵等で囲ったり、「廃屋報告済」と記載した看板を建てたりする行為は違反となります。

BAN条件3. 他プレイヤーの建造物・作物・家畜(及び村人)の破壊・窃盗・殺害行為。
建物を破壊してチェストなどの保護されている物を残して撤去依頼したり、一部を破壊して自分の建築をする行為は違反となります。